家族をつなぐ終身保険
35/124

2●申込書は、ご契約者および被保険者がご自身で正確にご記入ください。また、ご記入内容3●告知の重要性しおり 29解約されたときの解約払戻金は、まったくないか、あってもごくわずかの場合があります。○一定期間の契約継続を条件に発生する配当の請求権等を失なう場合があります。○ 新たにお申込のご契約について、被保険者の健康状態や職業等によりお断りする場合があります。○ 現在ご加入されているご契約を解約された場合、一度解約されたご契約は元に戻すことはできません。また、現在ご加入されているご契約を減額された場合、元のご契約に戻す(復旧)取扱に制限を受けることがあります。○ 保険料の基礎となる予定利率等は、現在のご契約と新たなご契約とで異なることがあります。例えば、新たなご契約の予定利率が現在のご契約の予定利率より低い場合、通常、主契約等の保険料が高くなります。○ 保障の見直しにあたっては、契約転換制度を利用する方法や増額・中途付加をする方法等もありますので、あわせてご検討ください。1現在のご契約を解約・減額することを前提に、新たなご契約のお申込をされる場合についてご契約の申込書の記入について告知義務について●現在、T&Dフィナンシャル生命または他社等でご加入されているご契約を解約または減額するときには、一般的につぎの点について、ご契約者にとって不利益となることがあります。○ 解約払戻金は、お払込保険料の合計額より少ない金額となる場合があります。特にご契約後短期間で●告知受領権を十分お確かめのうえ、ご署名をお願いします。ご契約者や被保険者には、被保険者の現在の健康状態や職業等について告知をしていただく義務があります。生命保険は、多数の人々が保険料を出しあって、相互に保障しあう制度です。したがいまして、初めから健康状態の良くない方や危険度の高い職業に従事している方等が無条件にご契約されますと、保険料負担の公平性が保たれません。ご契約にあたっては、被保険者の現在の健康状態や職業等について告知書で当社がおたずねすることについて、事実をありのままに正確にもれなくお知らせ(告知)ください。なお、告知書には、被保険者ご自身でご記入ください。当社は、この内容に基づいてご契約のお引受をするかどうかを決定します。また、T&Dフィナンシャル生命が指定した医師による診査扱の場合、医師が口頭で告知を求める場合がありますので、その場合も同様にありのままを正確にもれなくお伝え(告知)ください。告知受領権は生命保険会社および生命保険会社が指定した医師が有しています。募集代理店の担当者(生命保険募集人)は告知受領権がなく、募集代理店の担当者に口頭でお話しされただけでは、告知していただいたことにはなりませんので、ご注意ください。3.ご契約にあたって

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る