家族をつなぐ終身保険
30/124

しおり主な保険用語のご説明お知らせとお願い  この保険の特徴と仕組みご契約にあたって保険料についてご契約後のお取扱について保険金等をお支払いできない場合その他情報6●リビング・ニーズ特約とは被保険者の余命が6か月以内と判断される場合に、被保険者からのご請求により、主契約の死亡保険金額の全部または一部をリビング・ニーズ特約の特約保険金として被保険者にお支払いする特約です。◦ ご契約者は、被保険者の同意を得て、あらかじめ指定代理請求人を指定しまたは変更することができます。◦ 指定代理請求人として指定していただける範囲は、つぎのとおりです。① 請求時において、被保険者と同居し、または、被保険者と生計を一にしている被保険者の戸籍上の配偶者② 請求時において、被保険者と同居し、または、被保険者と生計を一にしている被保険者の3親等内の親族で指定していただきます。○この特約による請求保険金額は当社の他のご契約と通算して、同一の被保険者について3,000万円を限度とします。○請求保険金額が主契約の死亡保険金額の一部の場合、主契約の死亡保険金額に対する請求保険金額の割合と同じ比率で、基本保険金額が減額されたものとします。また、継続される主契約部分については、引き続き保険料のお払込が必要となります。○指定代理請求特約が付加された場合、この特約の指定代理請求制度に関する規定は適用されません。簡単プラン(保険契約の型:D型)の場合で、この特約の特約保険金の請求日が第1保険期間中であるときは、主契約の死亡保険金額は請求保険金額の対象となりません。特約保険金をお支払いした場合、主契約が消滅した場合、主契約が延長保険に変更された場合、主契約に質権が設定された場合、この特約は消滅します。特約保険金を指定代理請求人にお支払いした場合には、その後重複して、特約保険金の請求があってもお支払いしません。しおり 24「余命6か月以内」とは、日本で一般に認められた医療による治療を行なっても余命が6か月以内であることを意味します。請求保険金額のお取扱には制限があります。指定代理請求特約について、くわしくはしおり26をご覧ください。リビング・ニーズ特約についてか月分の利息と保険料に相当する金額を差し引いた金額となります。○請求保険金額は特約保険金の請求時に主契約の死亡保険金額のうち当社の定める限度額の範囲内をお支払いした後、この特約は消滅します)。●特約保険金額は請求保険金額(被保険者が指定した金額)から、請求保険金額に対する6●この特約による特約保険金のお支払は、1契約について1回を限度とします(特約保険金●この特約による特約保険金をご請求される場合は、担当医師による当社所定の診断書などが必要となります。また、当社が必要と認めた場合には、事実の確認のため当社指定の医師の診断を受けていただくことや、被保険者の担当医師に確認を求めることがあります。●被保険者が、この特約の特約保険金を請求できない特別な事情があるとき(被保険者が自らの病名を知らない場合など)は、その代理人として指定代理請求人が、特約保険金をご請求することができます。○指定代理請求人について備 考備 考参 照

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る