家族をつなぐ終身保険
3/124

⃝お客さまが所定の米国納税義務者であるかを確認するため、各種証明書類(注3)をご提示また(注1)国際的な税務コンプライアンスの向上及びFATCA実施の円滑化のための米国財務省と日本当(注3)運転免許証、パスポート、登記簿謄本等の公的証明書 など 2014年7月から、米国法「FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)」による確認手続きが開始されています。FATCAは、米国納税義務者による米国外の金融口座等を利用した租税回避を防ぐ目的で、米国外の金融機関に対し、顧客が米国納税義務者であるかを確認すること等を求める法律です。 日本の生命保険会社では、FATCA実施に関する日米関係官庁間の声明(注1)に基づき、お客さまが生命保険契約の取引等をする際、お客さまが所定の米国納税義務者であるかを確認し、該当する場合には、米国内国歳入庁宛にご契約情報等の報告を行っております。 つきましては、趣旨をご理解のうえ、ご協力いただきますようお願いいたします。局の間の相互協力及び理解に関する声明(2013年6月発表) 当社は、お客さまが所定の米国納税義務者(米国市民、米国居住者、米国人所有の外国事業体(注2)等)であるかを確認するため、保険契約の取引時において、以下のお手続きをお願いしております。(注2)「外国事業体」とは米国外の事業体、例えば日本の内国法人をいいます。⃝当社所定の書面等により、所定の米国納税義務者であるかをお客さまご自身にご申告いただく場合があります。はご提出いただく場合があります。 なお、お客さまが所定の米国納税義務者である場合、上記に加えて、米国納税者番号の報告および米国内国歳入庁への報告に関する同意書等の所定の書類をご提出いただきます。※上記以外にも、追加の証明書類をご提示またはご提出いただく場合があります。○FATCAの確認手続きとは?「FファトカATCA(外国口座税務コンプライアンス法)」に FATCAにおけるお客さまへの確認手続きについて関するお客さまへのお願い

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る