1. トップ
  2. T&Dフィナンシャル生命について
  3. T&Dフィナンシャル生命の健全性

T&Dフィナンシャル生命の健全性

信用格付業者による保険金支払能力格付、ソルベンシー・マージン比率を掲載しています。

保険金支払能力格付

当社では、お客さまに保険金支払能力を客観的にご判断いただくため、信用格付業者に依頼し、格付を取得しています。

ソルベンシー・マージン比率(平成30年9月末現在)

1,123.4%

ソルベンシー・マージンとは

ソルベンシー・マージンとは、「支払余力」という意味です。
生命保険会社は、将来の保険金等の支払に備えて責任準備金を積み立てているので、通常予想できる範囲のリスクについては十分対応できます。しかし、大災害や株の大暴落等通常の予測を超えてリスクが発生することがあります。
そのリスクに対応できる「支払余力」を有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標のひとつがソルベンシー・マージン比率です。

ソルベンシー・マージン比率の算出方法

ソルベンシー・マージン比率(%)=(ソルベンシー・マージン総額/(リスクの合計額×1/2))×100

ソルベンシー・マージン総額

資本金等、価格変動準備金、危険準備金、一般貸倒引当金、その他有価証券の評価差額等の合計額。

リスクの合計額

保険リスク、予定利率リスク、資産運用リスク、経営管理リスク等通常予想できる範囲を超える諸リスクを数値化して算出した額。

用語解説

保険リスク 大災害の発生等により、保険金支払等が急増するリスク
第三分野保険の保険リスク 医療保険やがん保険等のいわゆる第三分野保険に係る給付金支払等が増加するリスク
予定利率リスク 運用環境の悪化により、資産運用利回りが予定利率を下回るリスク
最低保証リスク 個人変額保険及び変額個人年金保険の保険金、給付金等の最低保証に関するリスク
資産運用リスク 株価暴落・為替相場の激変等により資産価値が大幅に下落するリスク、及び貸付先企業の倒産等により貸倒れが急増するリスク
経営管理リスク 業務の運営上、通常の予想を超えて発生し得るリスク

ご相談・お問い合わせ

  • 金融機関・来店型保険ショップ等を通じてご加入のお客さま

    受付時間9:00~17:00
    ※土・日・祝日等を除く

  • 旧営業支社を通じてご加入のお客さま

    受付時間9:00~17:00
    ※土・日・祝日等を除く