1. トップ
  2. 商品一覧
  3. クリスタル ライフ 無配当変額個人年金保険(最低死亡保証・Ⅰ型)
  • 当商品は新規の販売を停止しております。
  • このページはお客さま向けに商品の概要について説明しております。商品内容の詳細については、ご契約締結時に交付している「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。
  • 2010年4月1日より保険法が施行されております。保険法についてくわしくはこちらをご覧ください。

【クリスタル ライフ】無配当変額個人年金保険(最低死亡保証・Ⅰ型)

クリスタル ライフ

当商品をご覧いただくに際して、以下を必ずご確認ください。

諸費用について(下記費用の合計をご負担いただきます)

ご契約時
項目 内容 費用
契約初期費用 保険契約の締結等に必要な費用 特別勘定への投入前に一時払保険料の5%を控除します。
契約初期費用(一時払保険料の5%)が控除されたうえで、運用が開始されます。ただし、ご契約日から10日以内に解約のお申出をいただいた場合(10日以内(書面を発信した日を含みます)にT&Dフィナンシャル生命へ書面にて解約請求をしていただく必要があります)には、必要書類を受け付けた日の積立金額に加え、契約初期費用をお支払いします。また解約控除もかかりません。
運用期間中
項目 内容 費用
(積立金額に下記の年率の1/365を
乗じた金額を毎日控除します)
保険関係費用 保険契約の維持等に必要な費用
(災害死亡給付金額および死亡給付金額を最低保証するための費用を含みます)
被保険者契約年齢
(満年齢)
目標値
110%
目標値
120%
30歳〜60歳 年率1.73% 年率1.79%
61歳〜70歳 年率2.19% 年率2.29%
71歳〜75歳 年率2.60% 年率2.71%
運用に関する費用 特別勘定の運用に関する費用
特別勘定
(ファンド)名
運用に関する費用
国内株式 年率0.2268%(税抜0.21%)
国内債券 年率0.0648%(税抜0.06%)
運用に関する費用は、主な投資対象となる投資信託の信託報酬を記載しています。運用に関する費用には信託報酬の他、信託事務の諸費用・有価証券の売買委託手数料等がかかる場合があります。これらの費用は取引量等によって変動しており、費用の発生前に具体的な金額や割合を確定することが困難なため、表示しておりません。
運用に関する費用は、将来変更される可能性があります。

年金受取開始日以後
(新遺族年金支払特約により年金をお受け取りになる場合を含みます

項目 内容 費用
(年金受取開始日以後、
年金受取日に控除します)
保険関係費用
(年金管理費)
年金の支払管理等に必要な費用 年金額に対して1.0%
確定年金(前厚型)をご選択された場合、第1回から第5回までの年金に対する保険関係費用(年金管理費)は、第6回以後の年金額の2倍に相当する金額に対して1.0%となります。また、確定年金の年金受取期間および保証期間付終身年金等の保証期間の最終年の年金額、保証金額付終身年金の当社所定の年の年金額については、保険関係費用(年金管理費)は控除されません。
保険関係費用(年金管理費)は、将来変更される可能性があります。

解約・減額について

一般勘定へ移行後、解約(全部引き出し)または減額(一部引き出し)により、責任準備金に相当する金額の全部または一部を解約払戻金として受け取ることができます。なお、減額する場合は、減額する責任準備金に相当する金額と同じ割合で基本保険金額も減額されます。
特別勘定で運用中に、解約または減額により、積立金の全部または一部を解約払戻金として受け取ることができます。なお、減額する場合は、減額した積立金額の減額前積立金額に対する割合と同じ割合で基本保険金額および各特別勘定の積立金額も減額されます(減額後の基本保険金額は100円未満を四捨五入します)。

■解約控除について

 
  ご契約日から3年未満の解約・減額の場合は、所定の金額*1が解約控除として積立金額*2から控除されます。



*1 解約・減額する積立金額に対して0.2%を乗じた金額と解約・減額する積立金額のうち、解約・減額の対象となる基本保険金額を上回っている部分に対して20%を乗じた金額の合計となります(解約控除額)。ご契約日から3年経過以後、または一般勘定に移行後、解約控除はかからず、解約・減額する積立金額(特別勘定で運用している場合)または責任準備金に相当する金額(一般勘定で運用している場合)をお受け取りいただけます。
*2 減額の場合、減額日に減額する積立金額となります。
*3 積立金額を減額する場合、減額した積立金額と同じ割合で基本保険金額が減額されるため、減額日の減額対象となる基本保険金額となります。下記計算例をご覧ください。
*4 同金額が負となる場合はゼロとします。
 
 
  解約払戻金額の計算例(ご契約してから2年8ヵ月で解約または減額をした場合)
設定例
○基本保険金額:1,000万円(図A) ○解約日(減額日)の積立金額:1,100万円(図B)

<図>契約日より3年未満に解約した場合

<解約した場合の解約払戻金額>
解約控除額=1,100万円(解約日の積立金額)×0.2%+{(1,100万円(解約日の積立金額)−1,000万円(解約日の基本保険金額))×20%}=22.2万円…(図C)
解約払戻金額=1,100万円(解約日の積立金額)−22.2万円(解約控除額)=1,077.8万円
<減額した場合の解約払戻金額>
減額する積立金額330万円(減額する積立金額の減額前積立金額に対する割合と同じ割合で基本保険金額も減額されます)
減額対象となる基本保険金額=330万円(減額する積立金額)÷1,100万円(減額日の積立金額)×1,000万円(減額日の基本保険金額)=300万円…
解約控除額=330万円(減額する積立金額)×0.2%+{(330万円(減額する積立金額)−300万円(減額対象となる基本保険金額))×20%}=6.66万円…
解約払戻金額=330万円(減額する積立金額)−6.66万円(解約控除額)=323.34万円
減額後の基本保険金額=1,000万円(減額日の基本保険金額)−300万円(減額対象となる基本保険金額)=700万円

このページはお客さま向けに商品の概要について説明しております。商品内容の詳細については、ご契約締結時に交付している「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。

「ご契約のしおり・約款」に記載されております「年金支払開始日」「年金支払期間」「年金支払開始年齢」「年金支払日」をそれぞれ「年金受取開始日」「年金受取期間」「年金受取開始年齢」「年金受取日」と読み替えております。

商品内容についてのお問合わせはこちらにお願いします。

T&Dフィナンシャル生命 「クリスタル ライフ
お客様サービスセンター

フリーダイヤル 0120-302-572

【受付時間】 9:00~17:00(土・日・祝日等を除く)

株式会社 三菱UFJ銀行
T&Dフィナンシャル生命保険株式会社
T&D保険グループ

「T&D保険グループ」はグループ名称であり、保険会社の名称ではありません。
本保険契約の締結については、T&Dフィナンシャル生命が引受保険会社となります。

316-13-C064

商品内容についてのお問い合わせ

  • T&Dフィナンシャル生命お客様サービスセンター

    受付時間9:00~17:00
    ※土・日・祝日等を除く