家計にやさしい収入保障
27/29

̶8925※保障の見直しにあたっては、契約転換制度を利用する方法や増額・中途付加をする方法等もありますので、あわせてご検討ください。契約例被保険者遺族年金受取人本人配偶者配偶者配偶者本人子被保険者死亡時の課税年金受給権評価額に対して相続税年金受給権評価額に対して贈与税課税のお取扱年金受取時の課税所得税(雑所得)+住民税重要事項に関するお知らせ(注意喚起情報)ありません。また、預金保険制度の対象ではありません。一般的につぎの点について、契約者にとって不利益となることがあります。●解約払戻金は、お払込保険料の合計額より少ない金額となる場合があります。特にご契約後短期間で解約された場合の解約払戻金は、まったくないかあってもごくわずかの場合があります。●一定期間の契約継続を条件に発生する配当の請求権等を失う場合があります。●新たにお申込のご契約について、被保険者の健康状態や職業等によりお断りする場合があります。●現在ご加入されているご契約を解約された場合、一度解約されたご契約は元に戻すことはできません。そのため、解約後に元の契約の保障を受けることはできません。また、現在ご加入されているご契約を減額された場合、元の契約に戻す(復旧)取扱に制限を受けることがあります。●保険料の基礎となる予定利率等は、現在のご契約と新たなご契約とで異なることがあります。例えば、新たなご契約の予定利率が現在のご契約の予定利率より低い場合、通常、主契約等の保険料が高くなります。お払込みいただいた保険料は、お払込みいただいた年の生命保険料控除の対象となります。■遺族年金契約者本人本人本人■高度障害年金・特定疾病年金・特定疾病一時金・上皮内がん診断一時金・リビング・ニーズ特約の特約保険金被保険者が受取人(その配偶者、直系血族、生計を一にする親族を含みます)の場合、非課税となります。※指定代理請求特約を付加し、指定代理請求人が年金等を請求した場合においても、税金のお取扱は同様となります。くわしくは、「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。また、税制については2020年12月現在の内容について記載しておりますが、今後変更される可能性がありますのでご注意ください。個別の税務等詳細についてはお近くの税務署にご確認ください。この保険は生命保険であり、預金ではありません■この保険は、T&Dフィナンシャル生命を引受保険会社とする生命保険ですので、預金とは異なり元本保証は現在のご契約を解約・減額することを前提に、新たなご契約のお申込をされる場合、契約者にとって不利益になる場合があります■現在T&Dフィナンシャル生命または他社等でご加入されているご契約を解約または減額するときには、税金のお取扱について■払込保険料10

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る