1. トップ
  2. T&Dフィナンシャル生命について
  3. ごあいさつ

ごあいさつ

日頃よりT&Dフィナンシャル生命をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症により影響を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。また、医療をはじめ、あらゆる場面で治療や感染の予防、社会システムの維持にご尽力されている方々に心からの感謝と敬意を表します。
当社は、T&D保険グループにおける中核生命保険会社の一社であり、金融機関や来店型保険ショップ等を通じた生命保険販売に特化した生命保険会社です。今後とも、お客さまにご満足いただける経営に努め、このビジネス分野において、確固たる地位を築いてまいりたいと存じます。
2020年度の日本経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、飲食・宿泊等の対面型サービスを中心に個人消費に下押し圧力がかかり、企業収益も大幅に減少するなど、景気は厳しい状況が続きました。資産運用環境につきましては、国内株式は、世界的に大規模な金融緩和や財政支出が続くなか、新型コロナワクチンの開発進展や接種拡大への期待もあり、株価は大幅に上昇しました。国内金利は、日本銀行による長短金利のコントロールを伴う量的・質的金融緩和政策の継続により、 10年長期国債利回りは、日本銀行が目標水準としているゼロ%近傍で概ね推移しました。海外金利は、新型コロナワクチンに関する前向きな動きや米国の追加経済対策等を背景に上昇しました。
このような経営環境の中、当社は、お客さま利便性向上の観点から、介護・認知症に関する保障がある保険契約のお客さま向けにケアマネジャーの紹介や認知症予防ツールの提供等、個々の事情に応じた最適な介護・認知症サポートサービスを提供する「介護コンシェル」の開始や、ご登録いただいている携帯電話番号にショートメッセージをお送りするサービスの開始、各種お手続きに必要な書類の簡素化や取扱基準の緩和等により、サービスの向上を図りました。
商品面では、「日帰り入院」から「長期入院」「生活習慣病」「先進医療」への備えまで必要な保障をしっかりご準備いただける医療保険、「ご自身でつかうお金」を受け取りながら「ご家族にのこすお金」を準備できる一時払の円建終身保険、死亡保障をなくし病気やケガによる「収入減少」と「支出増加」にそなえる特定疾病障害収入保障保険をリニューアルいたしました。
これらの商品提供を通じ、金融機関や来店型保険ショップ等の開拓に努めたことにより、お客さまとの窓口となる取扱代理店が増加し、2020年度末現在、提携代理店数は合計159代理店となりました。
私どもT&Dフィナンシャル生命は、「お客さま本位」を全社共通の価値観として、お客さまの利益に繋がる真摯・誠実かつ公正・適切な企業活動を行うため、「お客さま本位の業務運営に係る取り組み方針」を定めております。また、2021年4月、当社は「人生100年時代」を見据えた諸課題に対してお客さま本位の商品・サービスを提供し、人と社会に貢献していくという使命の実現に向け、「T&Dフィナンシャル生命健康宣言」を策定いたしました。
これからも、「お客さまをはじめとするステークホルダーから厚い信頼を得られる生命保険会社を目指します」という経営ビジョンの下、役職員一丸となって、お客さま本位の業務運営をより一層推進し、お客さまにご満足していただける商品・サービスの提供に努めていく所存でございます。
何とぞ、ご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2021年7月

T&Dフィナンシャル生命保険株式会社
代表取締役社長板坂雅文

ご相談・お問い合わせ

  • 金融機関・来店型保険ショップ等を通じてご加入のお客さま

    受付時間9:00~17:00
    ※土・日・祝日等を除く

  • 旧営業支社を通じてご加入のお客さま

    受付時間9:00~17:00
    ※土・日・祝日等を除く