家族をつなぐ終身保険
3/21

配偶者と子1人※上記の相続税額は、法定相続分通りに遺産を取得した場合の相続税総額です。各相続人は、遺産取得割合に応じてこの金額を按分して納税します。※配偶者の税額軽減のみ活用し、他の税額控除は考慮していません。※税額は万円未満を、実質税率は小数点以下を四捨五入して表示しています。※厚生労働省「平成24年人口動態統計」、最高裁判所「司法統計年報(家事事件編)平成12年度~平成24年度版」よりT&Dフィナンシャル生命作成配偶者と子2人〔 2%〕〔 4%〕〔 6%〕〔 8%〕〔10%〕〔12%〕〔15%〕〔18%〕〔 2%〕〔 3%〕〔 5%〕〔 7%〕〔 8%〕〔10%〕〔13%〕〔16%〕配偶者と子3人〔 1%〕〔 3%〕〔 4%〕〔 6%〕〔 7%〕〔 8%〕〔12%〕〔14%〕(単位:万円、〔 〕内は実質税率)子1人4801,2202,8604,8606,9309,18019,00029,320子2人3207701,8403,3404,9206,92015,21024,500〔 7%〕〔12%〕〔19%〕〔24%〕〔28%〕〔31%〕〔38%〕〔42%〕相続人遺産額(課税価格)7,000万円1億円1億5,000万円2億円2億5,000万円3億円5億円7億円1603859201,6702,4603,4607,60512,2501133157481,3501,9852,8606,55510,870802626651,2171,8002,5405,9629,885子3人2206301,4402,4603,9605,46012,98021,240〔 5%〕〔 8%〕〔12%〕〔17%〕〔20%〕〔23%〕〔30%〕〔35%〕〔 3%〕〔 6%〕〔10%〕〔12%〕〔16%〕〔18%〕〔26%〕〔30%〕〈相続財産種類別取得財産価額の構成比〉その他 11.2%〈家庭裁判所における相続関係の相談件数の推移〉18%18万件子だけが法定相続人の場合有価証券 15.2%現金・預貯金等31.7%家屋・構築物 5.4%※国税庁「統計年報 平成29年度版」よりT&Dフィナンシャル生命作成11%12万件9%6万件9.0万件10.8万件平成12年15年相談件数宅地 27.5%土地36.5%畑 3.3%田 1.7%その他土地 4.0%14%15%13%12%14.1万件16.6万件17.4万件6%18年21年24年00❷1死亡者数に対する比率相続税は相続開始の翌日から10カ月以内に金銭一括納付が原則です。死亡(相続の開始)相続人等の確定遺産の確認と評価遺産分割協議遺産分割協議書の作成相続税の申告・納税資産構成によっては納税資金が不足することもあります。相続税は相続の開始を知った日の翌日から10カ月以内に金銭一括納付が原則です。一方、遺産に占める割合が大きいのは土地。手元の現金では納税資金が足りないおそれがあります。裁判所への相続相談件数が増えています。相続発生数のうち、裁判所に相談が持ち込まれるのは約14%。相続のトラブルは遺産の規模にかかわらず起きています。〈ご参考〉相続税額早見表たとえば、遺産額(課税価格)が5億円、子2人が法定相続人の場合、相続税額は1億5,210万円(遺産額の約30%)となります。この負担割合は、遺産総額が大きくなるほど、高くなります。配偶者と子が法定相続人の場合ご存知ですか?相続発生後の手続きは、想像以上に大変です!ご存知ですか?2015年1月1日に相続税制が改正されました!❶基礎控除額の引き下げ。遺産にかかる基礎控除額が大幅に引き下げられることで相続税の納税対象者が拡大。改正前5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)最高税率の引き上げ・税率構造の見直し。実質的な増税が行なわれ、家族への負担を軽減させるためにも事前の対策が必要。改正後3,000万円+(600万円×法定相続人の数)商品パンフレットのこされたご家族のために・・・

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る